2010年 03月 02日
ダイニングのペンダントランプ
今週末に上棟を控えています。
その時に照明やコンセント位置などの打ち合わせもする予定です。
そこで決めかねているダイニング照明について書いてみます。


ダイニングの照明で一番最初に考えていたのはPH5のホワイト
もはや北欧インテリアの代表選手でありもっとも有名な照明になりました。
でもよくよく考えると結構メジャーになりすぎて面白みがない???と思うように。


次に目を付けたのが同じルイス・ポールセンのエニグマ
こちらは日本人がデザインした照明で、明りの彫刻と謳われているだけあって繊細で美しい。
この照明がLDKに浮かんでいる様を想像するとうっとりとして、
「絶対これにしよう!」と思っていたのですが、
これまたよくよく考えると我が家の目指すところのインテリアと微妙に合わないと思うように。
もう少し温かみが欲しいかなといった感じです。

f0215804_9201186.jpg

次に目を付けたのがIDEEのペンダント照明のクルランプ
PH5などよりももっとシンプルでいて、何気ない形だけどそれでいてオシャレ。
しかも限定でアイボリーが発売されているではありませんか!
まっ白い空間の我が家に、照明ぐらいすこしアイボリーがあってもステキ!
お値段もやさしいしこれに決まりかなぁ・・・と悩んでいたら売り切れました(ToT)
限定200台って少なすぎ。。。

で、現在考えているのがPH5のミントブルー

結局PH5かいっ!というところですが、色モノならいいかなと思ってみたり。
我が家は壁紙から扉から全てホワイトで、さらに床もホワイトパインを使用する為
照明ぐらいはポイントで色を使ってもいいと思います。(←と言い聞かせてみる)
でもクルランプの形もやっぱり好きなので、アイボリーはなくなったけど定番のホワイトにするかも。。。

誰か素敵な照明があったら教えてほしいです。
[PR]

by jingo29 | 2010-03-02 09:31 | インテリア


<< ついに上棟を迎えました      上棟1週間前 >>