2010年 07月 21日
シューズクローゼットに洗面ボウル
f0215804_7465361.jpg
これは前回紹介した土間の突き当たりから見た玄関側になります。

玄関に入ってすぐ右側にドアがあり、そこからシューズクローゼットに入れるようになっています。
靴を脱いで、手洗いをし、そして写真の左側のドアから廊下へと出るように動線を考えました。
両方の入り口にドアを設けているので、もしお客様が来た場合でも見られない様に簡単に隠すことも出来ます。


シューズクローゼット棚は6段、そして2列に分かれています。
それぞれの列で稼働できるようになっています。

また下の部分は棚にせずフリーにし、ハンガーパイプだけを取りつけました。
家の外には裏手に物置(やっぱりイナバ!?)を置く予定ですが、わざわざ物置に置く程でもない物や家の中に持ち込みたくない物をちょっと置いておくのに便利なスペースだと思います。



f0215804_747185.jpg
シューズクローゼットに入り靴を脱ぐ
   ↓
棚に靴を片付ける
   ↓
すぐに手を洗う

というこの一連の流れ。
とてもいいんじゃないかと思います。the自己満足(-_-;)




ちなみに冬なんかの脱いだコートはどうする?

という場合も安心です!

なぜなら・・・

   ↓

   ↓





f0215804_7474094.jpg
棚の向いのドアとドアの壁の部分にハンガーパイプを設置してあります!




f0215804_7475964.jpgしかも上下2段!

これで少々かさばるコート丈の長いコート、そして来客用にも十分対応できる量がかけられると思います。

だから冬場は・・・
コートを脱いでハンガーにかける
   ↓
靴を脱ぐ
   ↓
棚に靴を片付ける
   ↓
すぐに手を洗う(うがいも)

という風な流れを想定しています。

通常は1階にある洗面所が2階にあるので、シューズクローゼット内に洗面ボウルを取りつけましたが、家に入ってすぐに汚れを落とすことが出来るのでとても便利なのでは?と思います。


 
ブログ村の住まいのカテゴリに参加しています。
参考になりましたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[PR]

# by jingo29 | 2010-07-21 07:59 | 建築日記
2010年 07月 20日
土間タイルも もちろん白で!
f0215804_8105358.jpg
土間のタイルが完成していました。
タイトル通りタイルも真っ白です。

土間~玄関~シューズクローゼット、全てツルっとした模様も何もない真っ白な30cm角のタイルを使用しています。

もともと白いタイルなんていう概念はなかったのですが、建て売りを購入したお向いのmayumayuさんのお家に白いタイルが使われていたのを見たのが始まりです。
南玄関で光がよく入りキラキラ反射してとても明るいことに衝撃を受けました!

『白いタイルってステキ!
 家もいつか建てる時はこんな玄関にしたい*:.。☆..。.(´∀`人)』


と初めて見たときから心はこのタイルに決めていました。

我が家は特に北玄関ということもあり、暗くならないようにと気を遣ったので尚更よかったと思います。




f0215804_813139.jpg
通常玄関などは滑らない様にざらっとしたタイルを使うそうですが、やはりツルっとしたタイルに比べて掃除がしにくいそうです。
拭いても溝に小さな砂や泥が残ってしまう。

さらに白は汚れが目立つので嫌煙されがちだと思いますが、この艶のあるタイルは表面がツルっとしているので拭き掃除が簡単だそうです。


f0215804_8135030.jpg
ただしタイルの目地は例外です。
これは汚れが取れにくいそうなので目地は白にしてはいけません!
濃い色にした方が良さそうです。

我が家もここはグレーにしています。


ちなみに無垢の框(かまち)部分もステキです☆
触るととってもすべすべ~❤


f0215804_814341.jpg
タイルと框、とてもキレイに仕上げて頂いて
本当にうれしいです♪

明るい玄関にしたい方、
よい気が入って来てくれそうな清潔感のある白いタイルおすすめですよ!





 
ブログ村の住まいのカテゴリに参加しました。
参考になりましたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[PR]

# by jingo29 | 2010-07-20 09:07 | 建築日記
2010年 07月 16日
照明・・・少しだけ
f0215804_17225371.jpg
照明が点灯するようになっていました。

階段はMODIFYシリーズのスフィアです。
ぼんやりと柔らかな光がストレート階段の上から降り注ぎます。

今はコートからの光で目立ちませんが、暗くなったらその存在感はより際立つのではないでしょうか。
ほとんどがダウンライトの我が家にとってはすごく貴重なブラケットになります。



f0215804_1723181.jpg
これは和室のダウンライトです。
和室は4畳しかないのでダウンライト2灯で十分な明るさがあります。

「和室は天井が低い方が落ち着く」

と聞いたことがあったので、低く抑えようかとも考えましたが
ただでさえ狭いので他の部屋と同じにしました。

和室ならではの雰囲気を出したい時はイサムノグチさんのこんな照明を置けばいいかなぁと思っています。


あと、この和室は土間とも一体化させることができるので、土間の突き当たりに置くなら少し高さのあるこんな感じもいいかなぁと思っています。





f0215804_17233850.jpg
これはキッチン横のパソコンスペースですが、ここは直接目に入らないような照明にしました。
このブラケットは上下どちらの向きにも明るさを出すことが出来る商品のようですが、我が家は上向きにつけられていました。

実は夫は下向きにつけるつもりだったようですが上向きの光を見て、
上の板に反射して空間が明るくなるこの向きが気に入った様子でした。

我が家は特別高い設備とかはありませんが、地味な所でディティールにこだわってコストがかかっているようです。






 
ブログ村の住まいのカテゴリに参加しました。
参考になりましたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[PR]

# by jingo29 | 2010-07-16 17:47 | 建築日記
2010年 07月 15日
シルエットシェードについて
f0215804_11551086.jpg
我が家のリビングの大窓に取り付けするファブリックは、このハンターダグラス社製のシルエットシェードに決めました。

当初は、スッキリと収まるロールスクリーンかバーチカルブラインドにしようと考えていたのですが、どうもピンとこない。
そんな時出合ったのが、このシルエットシェードでした。

以下ハンターダグラスHPより↓

優雅な自然光の美しさと機能を持ち合わせた新しいシェード

シルエット・シェードはカーテンが持つファブリックの繊細さとブラインドの機能性を兼ね備えた画期的なシェードです。窓から射す自然の光をあらゆる角度から自由自在に採りこむことにより、季節・時間の光を室内で心地よくお楽しみください。また、この優雅でソフトな風合いは、さまざまなインテリアに調和し、室内空間に光による上質な統一感を生み出します。


この製品に決めた一番の理由は光の透過具合の美しさです。
これぞ、ロールスクリーンにもバーチカルにもない大きな特徴です。



動きはこれを見てもらうと分かるかな。


f0215804_12165881.jpgさて、問題はこのシルエットシェードをどのように収めるかです。
以前ブログにも載せたように、カーテンボックスが見えないように一部天井を上げる施工をしています。
なので上の写真にあるような窓枠に収めるという方法は取りません。
これはシルエットシェードのボックスも一応収まるサイズになっていたので、取り付けはなんとか大丈夫みたいです。


次の問題は横幅のサイズです。
この商品の最大幅は2770らしく、トータル3500ほどある我が家の窓には一枚物では収まりません。
できれば一枚でスッキリしたかったのですが、分割をせざるを得なくなりました。

分割するということは、スラットを上下させる操作の紐も分割した分だけできるということになります。
電動なんていうものが取り付けられれば一番いいんでしょうけど、そんなことできるように電源も取ってなければ、もちろん予算もありません(+o+)

そこで考えました分割案!!!


f0215804_1152418.jpg
その①・・・3分割

やはり窓枠に合わせて3分割ですよね!
シェードとシェードの間にはどうしてもボックスの器具の分の隙間ができるので、その隙間に枠がくるこの3分割がいいのは分かります。

しかーし、ここで問題が一つ!
この分割にすると真ん中のシェードの操作紐が常に枠の上左右どちらかからぷら~んと垂れている状態になります。シェードを下している時には目立たないでしょうが、シェードを上げている時も紐だけが垂れているって・・・

「それってどうなん!?」

と言う訳で、次の案。



f0215804_11525430.jpg
その②・・・2分割

これだと先ほど問題になったシェードの操作紐は左右に振り分ければ、壁側にくるので窓の邪魔をすることはありません。

ただし、見てもらったら分かるように、真ん中にシェードとシェードの間に隙間が出来てしまいます。

結局どちらにしても問題を抱える羽目になりました。
後は自分たちがどちらを良しとするかの判断になります。


この大窓ワイドウィンを設置した理由と言うのは、そもそも外の緑を開放的に楽しむ為です。
その目的から考えると、
シェードを空けている時こそ一番綺麗な姿であってほしい!
ということで、2分割案になりました。

光の透過が美しいからこのシルエットシェードにしたのにね(^_^;)
ま、隙間さえ気にしなければいいし・・・、夜はシェードを下してスラットを閉じるし・・・、冬は枯れ木になっちゃうから緑を楽しむというより断熱の為にシェードを下しそうだし・・・、いろいろ楽しみ方はあると思います。

これは住んでからのお楽しみということにしておきましょう♪


それ以外にも実は予算的な問題が(;´Д`A ```
2分割と3分割では約8万円程の価格差がありました。
た、たかい・・・・=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
使ってる布の面積は変わらないんじゃ・・・なんて素人考えは通じません。
そんなお財布事情も手伝って2分割になったのでした。

それにしても最初からシルエットシェードに決めてたら、収まりが綺麗にできる別の窓にしたかも・・・。



 
ブログ村の住まいのカテゴリに参加しました。
参考になりましたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[PR]

# by jingo29 | 2010-07-15 12:47 | 建築日記
2010年 07月 12日
リモコンいろいろ
f0215804_18234218.jpg
これはエコキュートのリモコンです。
キッチン側の壁に付いています。
とてもシンプルで気に入っています。

製品はコチラ→ 東芝エコキュート エスティア 「フルオートタイプ」


銀イオンの湯お湯はキラキラ・お風呂はツヤツヤだそうです。
清潔一番ですね!


f0215804_1824121.jpg
これは浴室内のエコキュートリモコンです。
こちらもなかなかシンプルです。
変に色味が無いところがいい!


f0215804_18243360.jpg
これはトイレ内のアラウーノのリモコンです。
これもまずまずのデザインではないでしょうか。

f0215804_18254735.jpg
これはリモコンと言うか、ドアホンの室内パネルです。
こちらもキッチン側の壁に付いています。

今年発売のタッチパネルモデルです。
これもドアホンの中では薄くてシンプルな物を選びました。


f0215804_1826976.jpg
パントリー内のコンセントは3か所あるのですが、そのうち2つは用途が決まっています。
写真にあるように、右上は冷蔵庫用、棚内にあるのは冷凍庫用です。

最初は一つのコンセントから2つ電源を取ればいいと思いましたが、
冷凍庫の上を無駄にしない為に棚の中に収めたかったことと、コンセント位置が冷蔵庫と冷凍庫では違うのでそれぞれ別に設けました。
コンセントは極力多めにあった方がいいと思います。


f0215804_18262715.jpg
火災報知器はこんな感じの物が取り付けられていました。

f0215804_18264484.jpg
そして、これが以前紹介したサンワカンパニーのシューズクローゼット内の手洗いテオレマ40です。
小さすぎず、大きすぎず。
丁度よい大きさ。

窓には何かグリーンを置きたいですね。
鏡は今のところ付ける予定はありません。

f0215804_18265915.jpg
水栓の両サイドがフラットになっているので、ここに手洗い用の洗剤が置けるなぁと思いこのデザインの洗面ボウルに決めました。
冬はうがい用のコップなんかも置けますね。
家に入ってすぐに手洗いが出来るところがいいと気に入っています!

f0215804_18272225.jpg
そして最後はワイドウィンに付けるシルエットシェードです。

正規取扱店が徳島にはなく、高松のお店に以前実物を見に行きました。
そこで簡易見積りをしてもらっていたのですが、実際にきちんとしたサイズを測ってオーダーしたかったので採寸に来てもらいました。

お願いしたお店はコチラ → 「布物語」

店長さんが直々に来て下さいました。
見積りは無料でどこでも来て頂けるそうです。
とても丁寧できちんとされたステキな店長さんでした。

これについてはまた詳しく書きたいと思います。



 
ブログ村の住まいのカテゴリに参加しました。
参考になりましたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

[PR]

# by jingo29 | 2010-07-12 18:28 | 建築日記